カードを作り過ぎると管理が大変に。無駄な年会費を払うことになることも

わたしがクレジットカードを所有するようになったのは社会人になってからです。
社会人になってすでに15年たちますが社会人になってすぐのころはクレジットカードでの支払いイコール借金をするというイメージが私の中ではつよくあったため、ほとんど使うこともありませんでした。
ですが徐々にクレジットカードの基礎知識を学ぶようになり、クレジットカードの使い方も変わってきました。
クレジットカードの基礎知識といってもノウハウ本があるわけではなく、自分で経験して学ぶものです。
たとえば、クレジットカード会社によっては海外で強い齢があったり、年会費が異なったり、ポイント付与の方法や比率が異なったりといったことです。
やがて、いろいろな提携がクレジット会社と行われるようになりました。
そうなると「クレジットカードの基礎知識としてどの会社のポイントと提携があるとか、同系列のインターネット銀行との親和性が高いといったこともすこしずつ勉強しないといけません。
そして、何よりいろいろなクレジットカード会社のカードを何枚も持つより、クレジットカードの基礎知識を学んだうえで決まったクレジットカードを契約するというのが一番です。
ポイントをためるにしかり、紛失の恐れもしかり。
そして何よりも自分の使い勝手にあったクレジットカードを見込んで契約するのが何よりも契約後の失敗が少ないです。
勧誘されるがまま契約して、あとで解約が面倒にならないようにすべきです。

カテゴリー: カード活用体験 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。