クレジットカードが使えないお店も。安売り店、現金商売など、薄利多売のショップ

クレジットカードを持って使っている人はたくさんいると思いますが、その中で、クレジットカードの基礎知識をたくさん持っている人というのは、そんなにはいないのではないでしょうか。
常識的な部分での、クレジットカードの基礎知識としては、店にカードを提示して、店はそのカード会社に請求を出し、カード会社が立て替えてくれるので、利用者はその場で現金を払う必要がないというのがあります。
これは、カードを使っている人であれば、みんな知っていることでしょう。
しかし、一部の安売り店で、クレジットカードの利用を不可としているところがあるのはなぜかというクレジットカードの基礎知識は、意外と知らない人が多いと思います。
カード払いも出来るようにすれば、利便性が増して、お客さんも集まりそうですが、それでも現金払いにこだわるのは、いろいろと手数料がかかるからです。
まず、カード会社と契約をしないといけません。
そして、もしカードで支払いがあったら、そのうちのいくらかはカード会社のものとなります。
つまり、1万円の商品が売れた場合、現金での支払いだったら、1万円すべてが店に入りますが、クレジットカードの支払いだった場合、カード会社への手数料を抜いた分が店の取り分ということになるわけです。
支払い方法によって、売値を変えるということは出来ないので、現金のみとしているところもあるというわけです。
家電量販店などでは、ポイントサービスを行っているところで増えてきていて、現金払いよりもカード払いのポイント還元率を下げることで、調整しているケースもあります。

カテゴリー: カード活用体験 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。