クレジットカード利用で景気回復に貢献?経済取引に欠かせない信用取引

クレジットカードのメリットはいくつかあります。まずはクレジットカードは、現金が不要というメリットです。
現金を持ち合わせていなくても、その人が作ったクレジットカードでの限度額までは、その場でカードひとつで売買ができるのです。
これはクレジットカードがなかった時代からするととても大きなメリットです。
それまでは常に財布の中身をきにして 、大きな買い物をする場合は、その予定額よりもいくらか大きな額を銀行にて引き出してから買い物にいく必要がありましたから、その利便性の向上についてはあきらかです。
それからクレジットカードのメリットの2つ目は、ポイントサービスです。多くのクレジットカード会社は顧客獲得のために独自のポイントサービスを展開していることが多いです。
数百円ごとに1ポイントなどがたまるしくみです。
これは現金でものをかうと、何も還元されないことを考えるとやはり大きな特徴です。
そしてもうひとつおおきなクレジットカードのメリットは、乗数効果のようなものです。よ
うは、現金で売買する場合よりもワンクッションほど、会社が入るわけです。
そうするとその分だけ、お金は取引され、クレジットカード会社の売り上げになり、利益になるわけです。
お金というのは世の中を回っていくことで、ひとつの5000円というものが、何倍もの経済効果をもたらします。
これがよく知られる乗数効果なのですが、この効果も実はになっているということを忘れてはいけません。
経済成長、拡大のためには、ひとつのお金をよりたくさん動かし、よりたくさんの取引に巻き込まれること、このことがとても大事なことなのです。

カテゴリー: カード活用体験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。