学生でもクレジットカードを作れる?支払事故(延滞・不払いなど)が無ければ比較的審査は通りやすく

クレジットカードの入手のために把握しておきたい、クレジットカードの基礎知識としては、入手可能な条件、発行審査で扱う事柄、といった部分が挙げられます。
まず、クレジットカードの入手是非を左右する条件としては、年齢と職業があります。
年齢は一般的に、どんな職業に就いている場合でも18歳以上で無ければ審査に通らず、また未成年の場合は親権者の同意が必要とされます。
また年齢を問わず学生の場合は、学生カードという学生向けのクレジットカードしか通らない確率が高いと言われています。
逆に20歳以上の成年で正社員職業に就いている場合なら、ほぼ確実に審査に通るとされます。
また、アルバイトなどの場合でも、年会費無料のモノを中心に基本となるクレジットカードの発行は認められる場合が多いと言われています。
次に必要なクレジットカードの基礎知識として、審査で扱う事柄があります。
審査はクレジットカードを扱うカード会社に審査の依頼を出して、必要な登録情報を提出することで行われます。
その後の審査はカード会社の方で行われ、利用者の側として特別行うことはありませんが、審査の中で判断される事柄は把握しておく方が良いでしょう。
その事柄としては安定収入の有無とともに、過去のカード使用時の滞納や消費者金融の利用履歴の有無があります。
後払いを許すという信頼が重要なカード発行において、過去の滞納履歴があるという事実は、審査に通らない要因となりやすいためです。
つまり、入手のために必須となるクレジットカードの基礎知識としては、発行条件を自分が満たすか否かと、審査基準に関わる事柄の2点が主となります。

カテゴリー: カード活用体験 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。