海外でも現地通貨を持ち歩く必要無し。両替手数料も節約

大金を現金で持つことは、防犯上もリスクがある上、ついつい使い過ぎてしまいがち。
そこで現代は、クレジットカードを持つことが多い。
人によっては、何種類ものクレジットカード持っている場合もある。
とくに海外旅行や海外出張が多い人のお財布の中身は、現金は少ないがクレジットカードを複数枚所持していることが多々ある。
海外では、日本円をその国のお金に代えておかないと使えないのももちろんだが、そのレートのこともあり、またその国に精通してなければお金の値打ちの計算が即座にできないため、現金を利用することが難しい。
そこで登場するのがクレジットカードだ。
クレジットカードなら、後払いでお金を持ち歩くことなく、他国でも利用可能なパターンが多い。
それにカード1枚でお食事もお買い物も自由だ。
しかし、レート計算は頭においておくことは同じだ。
クレジットカードがあれば現地通貨に両替して持ち歩く必要がなく、スピーディに支払いができる。
特に海外や出張先でこそ役にたつ。
これは優れた文明の下、生まれたカード決済方式に則っているからこその仕組みで、ほんとうに役立つ。
クレジットカードは2~3枚を持つほうが何かと役にたつ。
カード1枚で多くの国のお金を利用していることになることだ。
また同じ日本内でも出張時など、現金では足りないサービスでも利用できることが便利なところでもある。
もっと探ればもう現金なんてものがなくなってしまうのではないかとさえ思える。

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。