ICカード化が進むクレジットカード。暗証番号の設定を忘れずに

私達のお金にまつわる生活は、収入として手に入れたお金を使い、商品を手に入れたり、サービスを受けるというのが基本的なスタイルです。
商品やサービスの中には、通常の品物というだけでなく、将来に備えた貯蓄や保険なども含まれバラエティーに富んでいますが、いずれにしてもこれらを手に入れるためにはお金を支払わなければなりません。
現金で支払う場合もありますが、クレジットカードを使った方法も多く行われています。
既にご存知の方も多かもしれませんが、ここではクレジットカードの基礎知識について、そのほんの少しの事の紹介を行ないます。
クレジットカードとは、クレジットカード会社の会員となった契約者が貸与された契約番号やその他の事項が記載されたプラスチック製のカードの事です。
会員は、商品やサービスを購入する際に、このクレジットカードを提示したり、電子装置により処理をしたりする事により決済を行います。
決済の方法については、確認後に利用料金を後払いで決済する方法と暗証番号を入力する事によりその場で決済する方法があります。
クレジットカードの基礎知識としては少し詳細になりますがこの事について説明します。
後払いの方法は以前より行われていた方法で、クレジットカードにまだ磁気ストライプのみしか記載されていた時代から行われてきています。
それに対し電子決済は、最近行こなわれるようになったもので、クレジットカードにICチップが埋め込まれ、より高いセキュリティーが確保できるようになって行われるようになった支払方法です。
クレジットカードについては、まだまだ書ききれないくらい多くの事があります。
皆さんもクレジットカードの基礎知識について一度調べられて、上手にクレジットカードを使う賢い消費者になって下さい。

カテゴリー: カード活用体験 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。